Time is Life|トレンドを押さえてオン/オフを豊かに楽しむブログ!

Time is Life! トレンド(旬)を学び、オン/オフをもっと豊かに!

アニメジャンルのオンライン動画配信サービスのコスパ比較

      2017/04/02

私は週末に子供達とアニメを見るのが習慣になっています。平日はなかなか遊べないので、子供達とゆっくりできるくつろぎの時間です。
今までは近くのゲオの店舗で毎週末DVDを借りていたのですが、1本あたりは80円程度ですが、毎回3〜5本借りるので、平均すると月に1000円〜1500円くらいは使っていました。

そこで1年ほど前からゲオのオンライン配信サービスの「ゲオチャンネル」に乗り換えました。

それでしばらくは問題なかったのですが、最近になって息子と一緒に「ナルト」にハマりまして、初期のシリーズは一気に全て見てしまいました。
そして息子から続編の「ナルト 疾風伝」を見たいとせがまれるのですが、ゲオでは一向に追加される気配はない。。。

そこで他の動画配信サービスを今までは検討したことがなかったので、この機会にアニメジャンルに絞ってオンライン動画配信サービスを比較してみました。

オンライン動画配信サービスの人気順を

2016年のオンライン動画配信サービスのマーケティング調査によると、市場規模は前年の16.0%増と急激に成長しています。
その中でも定額動画配信においては、上位3社が日本の市場のおよそ5割を占めるという状態です。

引用:動画配信(VOD)市場に関する調査結果

この分野ではさきがけでもあるdTVがトップで、海外勢のHuluが2位(現在は日本資本)、usenが立ち上げたU-NEXTが3位というの日本の市場で支持されている上位サービスのようです。

しかし、後発の参入ではありますが、Amazonプライム・ビデオやNetflixなどの伸びも大きそうですね。

これら上位サービスのアニメジャンルに絞った充実具合を比較して見ました。

 

アニメ作品だけに絞ったコストパフォーマンス比較!

上位7社までの月額料金とアニメ作品の配信作品数からアニメに絞ったコスパを算出し、一覧にまとめて見ました。
アニメがお好きな方の参考になれば幸いです!

No サービス名 月額料金(税別) アニメ作品数(約)

コスパ

1 dアニメストア 400円 2000 0.20円/1本
2 U-Next 1990円
(毎月1000円分のポイント付与)
2650 0.75円/1本
3 Amazonプライム・ビデオ 301円
(年3,612)
320 0.94円/1本
4 dTV 500円 450 1.11円/1本
5 Netflix ベーシック ¥650
(スタンダード¥950
プレミアム¥1,450)
460 1.41円/1本
6 Hulu 933円 500 1.86円/1本
7 auビデオパス 562円 250 2.25円/1本

コストパフォーマンスの視点で見ると市場シェアとは異なる順位になります。

その名の通り、「dアニメストア」がアニメジャンルのコスパでは頭一つ抜きん出ていますね

dtvと同様にドコモが運営しているサービスですが、2014年から携帯キャリアに依存しないオープンなサービスとなっており、ドコモユーザー以外でもdアカウントを取得すれば自由に使えるようになっています。

dアニメストアはアニメの掲載数の多さだけでなく、昔懐かしい昭和初期のアニメから、テレビ放送中の最新作までとカバー範囲が広いのが魅力です。

公式サイトをみると31日間の無料体験キャンペーン中のようですので、アニメ好きの方は一度チェックしてみてください。

「dアニメストア」公式サイト

しかし、契約前にはそもそも自分の見たい作品が配信されているのかは、しっかり確認しましょう。
私は息子のために取り急ぎNetflixを無料体験登録して見ましたが、結局見たかった「ナルト 疾風伝」のシリーズがなく、無駄になりました。

そういう意味ではどのサービスも無料体験期間があるので、じっくり使って自分自身の目で確かめて見てください。

広告

スポンサーリンク

 - トレンド, 動画 , ,