Time is Life|トレンドを押さえてオン/オフを豊かに楽しむブログ!

Time is Life! トレンド(旬)を学び、オン/オフをもっと豊かに!

2016年ゴールデンウィーク(GW)は何連休?

      2016/03/27

2016年4・5月カレンダー
スクリーンショット 2016-03-03 0.44.20

今年のゴールデンウィークは5/2(月)に有給休暇を利用すると7連休、5/6(金)にも有給休暇を利用すれば、10連休という大型連休になります。
私が仕事をしている愛知県ではトヨタ関連企業が多いので、例年の傾向から恐らく会社としての休みは7連休で、個人的に有給を利用して10連休にする方が多いのではないでしょうか。

ゴールデンウィークは映画業界から生まれた?

934032899

「ゴールデンウィーク」の名称は、映画会社の大映が松竹と競作して1951年(昭和26年)に同時上映となった獅子文六原作の『自由学校』が大映創設以来(当時)最高の売上を記録し、正月映画やお盆映画以上の興行成績を残したことで、映画界でこの時期に多数の動員を生み出すことや活性化を目的として当時の大映常務取締役であった松山英夫によって作成された宣伝用語であり、和製英語である。
引用:wikipedia.org

言葉の由来は映画のプロモーションだったのですね。しかし、仕事柄その期間に休みが取れない人への配慮や、1週間以上の連休になることもあるのでウィークではおかしいとの理由から、NHKや一部の新聞では「大型連休」という表現を使っています。

スポンサーリンク

日本の休暇は世界的に見て少ない?多い?

日本人はよく働きすぎと言われますが、世界的に見るとやはり休みは少ないのでしょうか。それとも今年から「山の日(8月11日)」の休みも増え、ゴールデンウィークのような大型連休も毎年あるので休み自体は多い国なのでしょうか。

main
Hotels.com世界の休暇数調査

有給休暇日数と公休日(土日のぞく祝日)を合わせた日数で見ると、30カ国中20位とやや少なめな国と言えそうです。
それにしてもバカンスのイメージの強いフランスあたりが1位かと思いきや、ロシアやスウェーデンなどの方が休みが多いという結果は意外でした。さらに驚きなのが、自由の国アメリカよりも日本の方が休みが多いというのは想像と逆でした。全般的にヨーロッパ諸国は休みが多く、アジア圏は少ない傾向のようです。

有休消化率は世界ワースト2位

pr001_2015引用:「世界26ヶ国 有給休暇・国際比較調査2015」

日本は休み自体はそれなりにある国ですが、こと有給休暇の消化率という点では60%で韓国に次いでワースト2位という結果に。公休日自体は少ないアメリカは消化率73%で現実的には日本と同等の休みを取っていることになります。
フランス、スペイン、オーストリアなどは100%消化で、国全体でしっかりと休む文化が根付いてることが伺われますが、日本は世界と比較するとまだまだ休めていないことがわかります。

pr005_2015

消化率が低い背景には日本人の生真面目さがあるようです。世界で一番休みを取ることに罪悪感を感じていることが如実にわかるデータですね。ワークライフバランスという言葉も一般化してきたので、もう少し気軽に休める職場の雰囲気作りが大事ではないでしょうか。

スポンサーリンク

メーデーとワークライフバランス

ゴールデンウィーク中の5月1日は「メーデー」であることはご存知でしょうか。メーデーは別名で「労働(者)の日(Labour Day)」とも言われ、労働環境を改善するために労働者が国際的に連携する日です。
ワークライフバランスという言葉が生まれる遥か以前の19世紀末にシカゴで起こった「8時間労働制要求運動(8-hour day movement)」がメーデーの起源と言われます。その運動のスローガンは「第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は休息のために、そして残りの8時間は、おれたちの好きなことのために」でした。時代が流れても人の幸せを構成するこの3つの8時間は変わらないのではないでしょうか。

ワークライフバランスの本質は時間をきっぱりと分けることではなく、第2第3の時間を充実させることによって、労働という第1の8時間により良いフィードバックを与え、相乗効果を生み出すことです。
そのためにも、せっかくのゴールデンウィークは仕事のことは忘れてゆっくりと休む日にしましょう。ちなみに私はピークを避けて4/26から休みを取る予定です。それだけでも交通機関や娯楽施設の料金がだいぶ違ってきますよ。

広告

スポンサーリンク

 - ゴールデンウィーク, トレンド