Time is Life|トレンドを押さえてオン/オフを豊かに楽しむブログ!

Time is Life! トレンド(旬)を学び、オン/オフをもっと豊かに!

2016年の母の日はいつ?

      2016/03/27

carnation

子どもから母親へ日頃の感謝の気持ちを表す日である「母の日(Mother's day)」は、日本とアメリカでは5月の第2日曜日と定められています。
ちなみに今年2016年は5月8日(日)となります。

ゴールデンウイークの連休後なので、うっかり忘れて、バタバタしてしまわないように、事前に準備し、ゆっくりお祝いしてあげたいですね。

スポンサーリンク

アメリカと日本における「母の日」の起源・由来

【アメリカ】
・1905年5月9日:アン・ジャービス(Ann Jarvis)という女性活動家が亡くなる
・1907年5月12日:娘のアンナ・ジャービス(Anna Jarvis)が母を偲ぶ、ささやかな追悼式で白いカーネーションを捧げたことが起源
・1908年5月10日:初めて公式な「母の日」の式典がキリスト教の教会で行われる
・1914年:「母の日」がアメリカの記念日として、5月の第2日曜日と定められた

【日本】
・1913年:青山学院で「母の日」の礼拝が行われる
・1931年:皇后(香淳皇后)の誕生日である3月6日(地久節)が「母の日」とされた
・1937年5月8日:第1回「森永母の日大会」(森永母を讃へる会主催、母の日中央委員会協賛)が豊島園で開催された
・1949年頃〜:アメリカに倣って5月の第2日曜日が母の日となった

南北戦争(1861年〜1865年)当時のアメリカに、アン・ジャービス(Ann Jarvis)という、勇敢で行動力のある女性がいました。彼女は中立の立場で、北軍・南軍の分け隔てなく負傷兵の看護のために地域の女性を結束させた活動家でした。戦勝終結後も平和活動に従事したアン・ジャービスはやがて1905年5月9日に亡くなります。
彼女の子どもの中の一人のアンナ(Anna Jarvis)が母の活動の尊さを後世に残すために、母が教鞭をとっていたアンドリュー・メソジスト教会(Andrew's Methodist Episcopal Church)にて1907年に母の追悼会を開きます。その会でアンナは母親を偲び、母の好きだった白いカーネーションを参列者たちに配りました。それが母の日の始まりとされています。
やがてそれがきっかけとなり、生前から母親に感謝を述べる機会を作ろうという運動が全米に広がり、亡くなった人には白いカーネーションを、健全な人には赤いカーネーションを贈るという習慣がうまれました。そして1914年には議会で5月の第2日曜日が「母の日」と定められ、現在に至ります。
日本では青山学院での「母の日の礼拝」から少しづつ広まり、1937年5月8日、森永製菓のイベント「森永母の日大会」が豊島園で20万人もの母親を招待して盛大に開催されました。その催しが新聞や雑誌に大きく取り上げられ、日本に母の日を広めることになりました。

母のほしいプレゼントはモノよりコト

母の日のプレゼントといえばもちろんカーネーションですよね。毎年送っているという人も多いのではないでしょうか。その他には、洋菓子・和菓子やお財布・ハンカチなどのファッション小物などがプレゼントの定番です。しかし、母の本音を探ったアンケート調査によると定番のプレゼントはあまり喜ばれてはいないようです。

【お⺟さんが本当にほしいプレゼントランキング TOP10】

スクリーンショット 2016-03-02 1.07.32引用:価格.com「⺟の⽇のプレゼント」に関するアンケート結果より

プレゼントをもらうのはもちろん嬉しいのでしょうが、それよりは子供たちと一緒にゆっくり食事をしながら過ごすような、思い出の時間が欲しいというのが母の本音のようです。モノよりコトが大事ということでしょうか。風習として義務的に花をおくるよりは、心を込めたメッセージカードとちょっとした外食で一緒に過ごす時間をつくることが、外さないプレゼントと言えそうです。

【母の日に使えるメッセージカードのテンプレート集(無料)】

「家事代行サービス」というプレゼント

さきほどのアンケート結果によると、外食が1位で5位が「家事を代行してもらう」がランクインしていることから、母の日くらいは「日常の炊事洗濯などの家事から解放されたい」という母の思いが強いようです。
そういった潜在的なニーズに応えるためにも「家事代行」をプレゼントし、母の日を家族でゆっくりすごすというのはかなり喜ばれるのではないでしょうか。

現在、家事代行マーケットは1000億程度ですが、日々拡大し続けていて、将来は6000億市場になるとも言われています。背景には国の成長戦略として掲げている「女性が輝く社会」を実現するために、国家として家事代行を後押しする動きがあります。その結果新規参入の家事代行業者が増えており、サービスの向上と価格の低下が進み、昔のようにお金持ちの家が家政婦さんを雇うという構図ではなく、手軽に利用するサービスになりつつあります。
各社顧客獲得のためのスポットサービスを提供しているので、この機会にプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

ベアーズ
http://www.happy-bears.com/service/gift/plan.html
ダスキン
http://www.duskin-gift.jp/shop/item_detail?item_id=981152
カジタク
http://www.kajitaku.com/servicelineup/housework/souji/plan_otasuke/

スポンサーリンク

「母の日」のまとめ

・母の日は5月の第2日曜日。今年2016年は5月8日(日)です。
・母の日の起源は1907年5月12日に娘のアンナ・ジャービスが亡き母に白いカーネーションを捧げたこと。
・母の欲しいプレゼントはモノよりもコト
・家事代行サービスがおすすめ

【その他おすすめ記事】
「母の日の料理はカレーが最高!?」

「母の日に使えるメッセージカード特集(無料) 」

広告

スポンサーリンク

 - トレンド, 母の日