Time is Life|トレンドを押さえてオン/オフを豊かに楽しむブログ!

Time is Life! トレンド(旬)を学び、オン/オフをもっと豊かに!

アイロンと布で作る絵画が凄すぎる!

   


「ベンジャミン・シャイン」さんはアイロンとチュールだけを使って、驚くほどリアルな絵画を作り上げるイギリスのアーティスト。その作品は、まさにアイロンアートとでも呼ぶべきでしょう。(チュール=結婚式で花嫁が顔にかけるベールなどに用いられる絹・ナイロンなどの網状の薄布)

チュールを幾重かに重ねて襞(ひだ)をつくり、レイヤーの効果で微妙な陰影を表現する手法は秀逸。やり方を思いついたとしても、あそこまでリアルな肖像画にしあげる力量がすごいですね。

一連のチュールを用いた作品の代表作である「Hands of Time」の制作過程が観れる動画がこちらです。

スポンサーリンク


ベンジャミンさんは、ロンドンでファッションデザインの勉強をされた方で、2003年に独立しスタジオを構えてからは、洋服に限らず様々な材料、技術で多彩な作品を生み出してきました。

スタジオの公式サイトのクライアントを見ると、錚々たるグローバル企業ばかり。只者ではないですね。

公式サイトにはアイロンアート以外のインテリアや洋服のデザイン作品が掲載されていて、アーティストとしての幅広さが良くわかります。
http://www.benjaminshine.com/
早速アイロンアートに挑戦してみよう、とは思わないですよね、凄すぎて。

広告

スポンサーリンク

 - エンターテインメント, デザイン・アート