Time is Life|トレンドを押さえてオン/オフを豊かに楽しむブログ!

Time is Life! トレンド(旬)を学び、オン/オフをもっと豊かに!

学習机はリビング用が人気!シンプルでおしゃれな机紹介!

      2017/02/28

2017年のトレンドとして「リビ充家族」というワードが注目されていることをご存知ですか。「リビングを最大限に活用して、それぞれが自由に充実した時間を大切にする家族」が増えており、それを略して「リビ充家族」と呼ぶそうです。

世の中で共働きの世帯が増えるとともに、リビングの役割が昭和の「テレビ中心のくつろぎ空間」ではなく、家族一人一人が仕事・勉強・遊びなど思い思いの時間を過ごす「多機能空間」に変わって来たと言えます。

その流れの中で、従来の子供部屋に置く学習机ではなく、リビング学習にフィットするシンプルな学習机のブームが起こっています。

リビング学習派は86%!?

我が家でも息子の小学校入学時からリビング学習を取り入れています。
調べて見ると2006年頃から小学校低学年の児童を持つ家庭を中心に「リビング学習」は密かなブームとなっていました。
あるネット調査によるとリビング学習をさせたいという人は86%にも達します。

引用:リビング学習に関する意識調査

リビング学習はもうブームというより小学生のいる家庭では定着して来ていると言えるのではないでしょうか。

リビング学習のメリット

東大や難関校の合格者の多くがリビング学習だったというデータもあるそうですが、我が家では自然とそうなっていました。
入学当初は祖父母からいわゆる正統派の学習机を買ってもらい子供部屋に置きました。宿題はそこでやるように仕向けていたのですが、リビングの方がやる気が出るようで、せっかくの学習机を息子はほとんど使っていません。。。
そんな息子の3年ほどのリビングで学習する姿を見ていて、メリットと言えるのは下記の3点です。

1.集中力がつく

リビングという環境は、兄弟が近くで遊んでいたり、キッチンで料理をしていたりと雑音が多いので、その中で宿題に取り組むと、自然と集中力がついてきた気がします。
以前は子供部屋でやらせていましたが、目が届かないのでぼーっとしてたり、他のことをしていたりと思うようにはかどりませんでした。

2.コミュニケーションが充実

わからないところがあれば家族の誰かにすぐに聞けるので、授業の理解度だけでなく、学校での出来事などの話にも展開し、コミュニケーションが自然と発展します。
さらに目が届くところで学習しているので、迷っているところがあればこちらから声もかけられるので、わからないまま勝手な解釈で進めることも防げます。

3.安心感と緊張感

リビングだと常に誰かが近くにいるので、心理的に安心して取り組めるようです。特に低学年のうちはこれだけでも効果があると思います。
また誰かに見られているという適度な緊張感もプラスに働きます。息子はダイニングテーブルで宿題をしますが、カウンターを挟んだキッチンでは母親が夕食の準備をしているので、さすがにサボっているとバレると思ってるのか、子供部屋でやっていた時より短い時間で済むようになりました。

シンプルでおしゃれなリビング用学習机

リビングに置くことを前提に考えると、昔の学習机のような子供らしい可愛らしいものよりも、必然的にコンパクトでシンプルなものになります。
そのため通常の学習机だと5万くらいから、高いものでは10万以上という相場になりますが、リビング用だと費用面でもやや抑えられるというメリットもあります。

ツートンカラーがおしゃれなリビング用学習机

アルダー無垢材を使用したシンプルなデスク。
小学校だけでなく、中学・高校生になっても長く使えるデザイン。リビングに置いてもツートンカラーが良いアクセントになります。

楽天で探す

学習机の老舗コイズミの学習机

天然木無垢材を贅沢に使用し、一つひとつ異なる木目の天板。引き出し部分にはマホガニーの素材を使用したアクセントがあるデザイン。

楽天で探す

Amazonで探す

天然木製 省スペースコンパクトデスク


奥行きが40cmとコンパクトなのでリビングで場所をとりたくない方に最適。

楽天で探す

Amazonで探す

我が家では息子の小学校入学時に祖父母が気合を入れて、学習机とベッドと棚・チェストがセットになったものを買いましたが、今思えばリビングにおけるシンプルなものでよかったなと少し後悔しています。

皆さんの学習机選びの参考になれば幸いです。

【関連記事】
リア充ならぬ「リビ充」家族が急増中!?

広告

スポンサーリンク

 - トレンド