Time is Life|トレンドを押さえてオン/オフを豊かに楽しむブログ!

Time is Life! トレンド(旬)を学び、オン/オフをもっと豊かに!

ナガシマスパーランドの料金はお値段以上!徹底コスパ比較!

   

全国の主要なレジャー施設の入場者数ランキングが業界紙で毎年発表されています。
最新の2016年度のランキングを見ると「東のディズニー、西のユニバ」という構図は依然として変わらないようです。

テーマパークの入場者数ランキング2016

値上げが響いたのか、首位のディズニーランド・ディズニーシーは前年度比3.8%減の3019万1000人となっています。2位のユニバーサル・スタジオ・ジャパンは前年比9.4%増の1390万人、3位は「ハウステンボス」は同11.2%増の310万7000人となり、USJとハウステンボスは過去最高の入場者数となりました。また、サンリオピューロランドが25.4%増と、開園25周年イベントが功を奏しての大幅な伸びとなってます。

残念ながら、こちらにはナガシマスパーランドは入ってないです。

「遊園地」の入場者数ランキング2016

遊園地部門では、鈴鹿サーキットが前年度比5.1%増の207万4652人で首位。2位「よみうりランド」(同29.1%増、173万2789人)は”ジュエルミネーション”人気で2桁増を記録。3位「ひらかたパーク」は同6.2%増の161万1010人となっています。

残念ながらこちらにもナガシマスパーランドはランクインしていません。三重県民としてはとても悲しいです。
そこで、中京エリアのレジャー施設の雄として、メジャーな施設に負けない魅力があることを料金面から検証してみたいと思います。

コストパフォーマンスを比較するために、テーマパークと遊園地の上位10施設の1DAYパスの料金を、アトラクション数で割ってみました。するとどうでしょう、堂々とナガシマスパーランドが1位となりました。

コストパフォーマンスランキング(2017/3/13調べ)

施設名 1DAYパス料金 アトラクション数 1アトラクションの単価
1 ナガシマスパーランド 5,000円 55 91円
2 ひらかたパーク 4,400円 41 107円
3 としまえん 4,200円 34 124円
4  よみうりランド 5,400円 43 126円
5  ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 7,600円 58 131円
6  ハウステンボス 6,900円 46 150円
7  サンリオピューロランド 3,800円 25 152円
8  ツインリンクもてぎ 5800円
(パスポート2800円+3000円乗り物券)
30 193円
9  ディズニーランド 7,400円 38 195円
10  鈴鹿サーキット 6,000円 30 200円
11  ディズニーシー 7,400円 27 274円
12 琉球村 1,200円 3 400円

コスパが全てとは言いませんが、ナガシマスパーランドには注目の「嵐」のようなハイレベルのアトラクションもたくさんあります。

また、逆に捉えると、入場者数では上位5施設に入らなかったと言うことは、人気レジャー施設の中でも割といつも空いているということになります。ディズニーやユニバーサルのような、何に乗るにも異常に混むというのはこりごりだと言う方には、もってこいの施設です。

また、ジェットコースターなどは天候により運休の可能性もありますので、遠方から来る方は事前に最新の運行状況を公式ページでチェックして見てください。

【最新運営状況】
待ち時間・休止施設情報など

[その他オススメ記事]
ナガシマスパーランドの入場ゲート近くに駐車する方法!

広告

スポンサーリンク

 - エンターテインメント