Time is Life|トレンドを押さえてオン/オフを豊かに楽しむブログ!

Time is Life! トレンド(旬)を学び、オン/オフをもっと豊かに!

錦織圭選手を支える音楽 Nujabes(ヌジャベス)とは!?

   


スクリーンショット 2016-01-24 12.51.35

全豪オープンで2年連続でのベスト8進出を決めた錦織選手!そんな彼が試合前や移動中に聞いている音楽が静かな話題となっています。

事の発端は全米オープン準優勝後に、日本テレビ系列の情報番組「ZIP!」のインタビューの中でヌジャベスのファンである事を明かしたことがきっかけでした。

「Nujabesの曲は聴いていると、心がおだやかになり、落ち着きます。ひとつひとつの曲に物語があり背景が見えるようで、どっぷりとその世界観に浸れます。Luv (Sic.)シリーズは歌詞にも注目してほしいですね。いつまでも飽きることなく聴けるシリーズで、僕も試合前に聴いたりしています」

引用:J-CASTニュース

これがネット上で話題になり、コンピレーションアルバムが制作される事になりました。錦織選手が選曲を手掛けた17曲がつまったアルバム「KEI NISHIKORI meets Nujabes」が2月24日にリリースされます。

「Kei Nishikori meets Nujabes」のアルバムジャケット
スクリーンショット 2016-01-24 12.34.57Kei Nishikori meets Nujabes

Nujabes(ヌジャベス)略歴

Nujabes

出生 1974年2月7日
出身地 日本・東京都港区
死没 2010年2月26日(満36歳没)
ジャンル ヒップホップ、チルアウト
職業 音楽プロデューサー
活動期間 1955〜2010年
レーベル Hydeout Productions
共同作業者 Shing02
Uyama Hiroto
公式サイト Hydeout Productions

この 「nujabes(ヌジャベスと読む)」という不思議な響きのアーティスト名は、本名の瀬葉淳(セバ・ジュン)をローマ字表記にしたSEBA JUNを逆から読んだもの。

「ジャズ」と「ヒップホップ」をミックスしたような「JAZZY HIP HOP」で国内外から高い評価を受けてきました。国内外のアーティストの作品をプロデュース/リミックスしているが、特に渡辺信一郎監督からのラブコールを受けて制作したアニメ『サムライ・チャンプルー』の音楽を担当したことで、ジャンルを越えた幅広い支持を得ました。

しかし2010年の2月26日、交通事故で搬送先の病院にて帰らぬ人となってしまいました。

そのヌジャベスの命日となる2月26日に、『KEI NISHIKORI meets Nujabes』の配信リリースがスタートします。

Kei Nishikori meets Nujabes

気になる「Nujabes(ヌジャベス)」の楽曲はネットで公開中!

実はヌジャベスが生前にリリースしてきた楽曲のほとんどがインターネット上で公開されていました。

3つのフルアルバムだけでなく、コンピレーションアルバムに収録されたような珍しい曲まで、惜しげもなく公開されています。

是非とも下記のSoundCloudで聞いてみてください。

『Metaphorical Music』(2003年8月21日)

Metaphorical Music

https://soundcloud.com/search?q=nujabes%20Metaphorical%20Music

Hydeout Productionを主宰するNujabesの1stソロ・アルバム。Five Deez、Substantial、CyneのCise Starr、Shing02、Sax奏者のUyama Hirotoなどがゲスト参加。ジャズやブラック・ミュージックに深い造詣を持つ彼がつくる極上のループミュージック。

『Modal Soul』(2005年11月11日)

Modal Soul

https://soundcloud.com/search?q=nujabes%20Modal%20Soul

インディペンデント・ヒップホップ・シーンを根幹から激震させた1st Album 「Metaphorical Music」に続く2nd Album「Modal Soul」!!音楽の持つ普遍性を踏襲しつつも、進化と深化を果たした第二章が前回をも凌ぐ驚異的な完成度を持って遂にその全貌を露にした。 研ぎ澄まされたメロディアスな旋律が様々な感情を呼び起こし、よりフィジカルさとヴァリエーションを増したビートがその感情に躍動感を注入、ダンス、クラブミュージックという言葉だけではもはや形容し切れない、人生における諸行無常の理をも彷佛とさせる数々の展開がその感情に「生命と活力」という名の新たな息吹を加え、明日への希望を育む。。。そんなより深い音楽性と精神性を携えた実に感性豊かな楽曲群がアルバムいっぱいに詰まっている。 純然たる音楽こそのみが持つ魅力を溢れ出るほどに凝縮された「Modal Soul」。普遍が深化を促し、変化が進化を促す。nujabesは他の追随を許さない。

『Spiritual State』(2011年12月3日)

Spiritual State

https://soundcloud.com/search?q=nujabes%20Spiritual%20State

nujabes最後のアルバムとなる3rdアルバム「Spiritual State」

nujabesが目指した遥か地平線の先、それは人と人とのスピリット(魂)が 激しく共鳴し合いその眩い光が無限に広がる奇跡の光景が広がっている。

完成されることのなかったこのアルバムは、そのピース一つ一つが繋ぎ合わされ、それぞれの心象の中で完成を迎える、、。

「metaphorical music」「modal soul」と過去2 枚のアルバムをリリースし、現代の音楽業界の流れと別に、宣伝活動を行わず に純粋に音=作品のリリースを続ける稀有のレーベル「hydeout productions」主宰でもあるnujabes の6 年ぶりの3rd アルバム にしてラストアルバムである。

SoundCloud 公式アカウント

https://soundcloud.com/search?q=nujabes

広告

スポンサーリンク

 - エンターテインメント, ニュース , ,