Time is Life|トレンドを押さえてオン/オフを豊かに楽しむブログ!

Time is Life! トレンド(旬)を学び、オン/オフをもっと豊かに!

2016年お盆休みの期間はいつからいつまで?

   

大人にとっての夏休みでもあるお盆が近づいてきましたね。今年のお盆は何連休になるのでしょうか。地域によって日程は異なることがありますが、全国的には8月13日から16日をお盆とするエリアが多いです。
その基準で行くと今年は4連休となる会社がほとんどではないでしょうか。

スクリーンショット 2016-05-17 1.21.50

カレンダーをよく見ると、嬉しいことに今年から8月11日に「山の日」という祝日が追加されました。お盆との間の12日は平日ですが、有給休暇を利用すれば6連休という大型連休にすることが可能です。私もそうするつもりです。
ちなみに「山の日」とは「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」日として2014年に定められたもので、今年から国民の祝日として施行されました。

しかし、最近では「お盆玉」なる習慣も全国的に増えてきているので、前もって準備をして帰省したいところですね。

車での帰省の際には間違いなく渋滞が予想されるので、混雑のピークを避けて賢く帰りましょう。

NEXCOによる渋滞予報カレンダー「ドラとら」

スポンサーリンク

お盆の意味

せっかくなのでお盆の意味について調べてみました。

語源としては諸説あり、仏教用語の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」が省略されて「盆」or「お盆」と呼ばれるようになったというのが定説です。
また、盆とはそもそも台所でものを乗せて運ぶものですが、色々なお供え物を置く容器の意味から転じて、祖先の霊を供養し感謝する習慣の呼称となったとも言われています。

スポンサーリンク

お盆の起源・由来

ご先祖様の霊を迎え供養する習慣となったのは8世紀頃からと言われています。そのようになったのは仏教のある説話の影響によると言われています。
それはお釈迦様の弟子の中でも神通力に秀でた「目連(もくれん)」という人の物語で、

「  あるとき目連が、亡くなった母親をあの世で探すと、餓鬼道に堕ちて、ひどく喉を枯らし飢えている姿のを見つけたそうです。
哀れに思った目連は、お釈迦様に母を助ける方法を聞くと「すべての飢えている貧しい人に食べ物を施せば、母親にもその施しの一端が口に入るだろう」と答えられたそうです。その通りに実行してみると、飢えた貧しい人たちは飲んで食べて踊り大喜びをしました。すると、その喜びが餓鬼道にも伝わり、母親は極楽浄土に行くことができたそうです。 」

目連が多くの人に施しをした日として伝えられたのが7月15日で、そこからお供え物をして祖先の霊を慰め供養する風習となったと言われています。

日本では明治6年(1873年)に現在のグレゴリオ暦(太陽暦)に改暦されるまでは、7月15日にお盆が行われてきました。そのため沖縄・奄美地方などでは今でも旧暦の7月15日をお盆としています。

しかし、ほとんどのエリアでは新暦に変わった頃に、お盆の期間が農作業の繁忙期と重なるため、1月遅れの8月13日から16日をお盆とするようになり、現在に至ります。

また、面白いことにお盆に祖霊へ供物を捧げる風習から転じたものが、いわゆる現代に伝わる「お中元」の始まりなのだそうです。

年に一度は実家に帰省し、御墓参りをして、ご先祖に感謝の気持ちを表すという日本の良い風習はこれからも続いて欲しいですね。私も子供たちを連れて今年も帰ろうと思います。

[その他オススメ記事]
・お盆玉とは?今時の孫消費は10ポケット!?

広告

スポンサーリンク

 - お盆, トレンド